綺麗な歯並びに

見上げる歯科医師

歯並びが悪いと悩んでいたら、早めに矯正歯科医に相談してみましょう。 歯列矯正を始めるのに最も適している時期は、永久歯が生えそろう頃です。ですから小学生のうちから検討した方がよいのです。 もちろん大人になってからでも歯列矯正をすることはできます。しかし、中には受け口とよばれる反対咬合の場合、上あごより下あごが前に突き出してしまっている状態なのですが、放っておくとどんどん下あごが成長してしまい、矯正だけでは治療できなくなる場合もあるのです。 ですから、骨が成長の途中である子どものうちに治療を始めた方が、大人に比べて時間も費用もかからずにすむのです。 もし迷っている人がいたら、一度専門医に相談してみましょう。

歯列矯正は、かなり治療費用が高額になります。なぜなら一部の症例を除き、ほとんどの場合が保険外適用の治療になるからです。 歯列矯正にかかる費用は、治療方法や治療期間、またはそれぞれの矯正歯科医院によっても違いがありますが、おおよそ数十万円から百数十万円程度かかります。かなりの金額なので家計の負担は大きくなります。 ですから、年に一度の確定申告の時には忘れずに医療費申請をしましょう。申告することで、所得額に応じた還付金が戻ってきます。もし、今まで知らなかったという人や申告を忘れていた人でも、数年間はさかのぼって申請することができますから申告するようにしましょう。分からない場合は矯正歯科医院や税務署に相談しましょう。