目立たない矯正した

歯の検診

矯正歯科の治療を受けるためには、歯に矯正器具を装着する必要があります。そのことが、矯正歯科の治療を受ける障害になっていると言えるでしょう。 矯正器具は目立ちますから、装着していれば自然と他人の視線は矯正器具に集まってしまいます。その視線は、耐え難い苦痛だと言っても決して過言ではないでしょう。 しかし、目立つというのは従来の矯正器具です。現在では、透明や歯と同じ色をした目立たない矯正器具があります。また、装着するのが歯の裏側なので、目立たないのではなく、装着していることを他人に気づかれない矯正器具もあります。 これらの矯正器具は、まだまだ一般的に普及しているとは言えませんが、この先、普及されることになるでしょう。そうなれば、矯正歯科の治療を受ける人が増えることが予想されます。

ただ、中には歯並びが悪いことが気にならないという人もいることでしょう。そういう人は、歯並びは見た目に関する問題だと考えていることでしょう。いや、そういう人ではなくても、歯並びは見た目に関する問題だと多くの人が考えていることでしょう。実際、矯正歯科の治療を受ける人の目的は、見た目の改善のはずです。 しかし、悪い歯並びは見た目が悪いだけではなく、他にも重大な悪影響を及ぼすのです。例えば、虫歯や歯周病になりやすくなります。なぜなら、歯並びが悪いと歯ブラシが届きにくい場所があり、歯磨きが不十分になってしまうからです。 また、歯並びが悪いと、上手く食べ物を噛み砕くことができませんから、完全に噛み砕かれないまま食べ物が飲み込まれることになります。その食べ物は胃や腸等に過度な負担を強いることになりますから、結果、病気を発症する可能性が高まります。 このように、歯並びと健康は深く関わっているのです。ですから、見た目を気にしていなくても、矯正歯科の治療は受けるべきなのです。