様々な歯科治療

女性の口元と歯

冷たいものが歯にしみて痛いという、不快な症状を抱えている方も、多いでしょう。 このような症状がある場合、知覚過敏が起こっているかもしれません。 知覚過敏は歯科治療で、改善できる為、早めに歯医者さんに相談する事がお勧めです。 知覚過敏の歯科治療には、様々な種類がある為、医師と相談し自分に合った治療法を選択しましょう。 知覚過敏の歯科治療には、フッ素などのコーティング剤を塗る治療・歯周病治療・マウスピースの作成・・神経を抜くといった治療が行われます。 フッ素などで歯をコーティングすると、刺激が歯に伝わりにくくなり、痛みを軽減できます。 歯周病になっていると、歯茎が痩せて象牙質が露出してしまうので、痛みを感じやすくなるようです。 ですので、歯周病を起こしている場合は、歯周病の治療を行うケースも少なくありません。 マウスピースの作成は歯ぎしりがあり、知覚過敏がある方に有効です。 このような治療を行っても、知覚過敏が収まらない場合、最終的に痛みを感じる神経を抜く、歯科治療を行う事もあります。

知覚過敏は、歯医者さんで治せる症状です。 冷たい飲み物た食べ物を口に含んだ時だけ、歯がしみたり痛みを感じるという事で、症状があっても我慢している方も少なくありません。 しかし、症状が進むと温かい物を食べたり飲んだ時でも、痛みを感じるケースが出てきてしまいます。 このような症状があると、食事もままならないでしょう。 ですので、たかが知覚過敏と思わず、早めに歯医者さんで治療する事が大切です。 歯医者さんでは、フッ素塗布にレーザー治療、マウスピースの作成や、消炎鎮痛剤などを用いて知覚過敏を治療します。 また、これらの治療に合わせ日常的なケアも加えると、より効果的です。 お酢やヨーグルト、ワインといった酸性の強い食べ物や飲み物を控えたり、場合によっては禁煙も知覚過敏の解消に、有効と考えられています。